ONKYOのアンプ INTEC205 A-909 電源が入らなくなったので修理

2022年4月のある日、ONKYOのアンプ A-909の電源が突然入らなくなってしまいました。

症状としては、「電源ボタンを押してもうんともすんとも言わない」です。

シ〜ン

思い起こせばこれを入手したのは20年くらい前。もう寿命なのかなと思い、買い替えを考えました。

同じものをオークションサイトで探したところ、6、7千円するようで、う〜ん思ったより安くはないな、ということでハードオフにGo!

そう簡単に見つかるはずもないが、同じようなグレードでいいのがあれば・・

って、ありました!

流石ハードオフ。あるもんだな。

妥当なお値段です。

もうちょっとお安いのを期待しましたが。

もうこれでいいかな・・

と思いつつ、もしかして直せないのかなと思いググってみると、

https://setsuhiwa.com/a-909-nopower-repair/

先人がいましたよ。

これでいけるんじゃないの?ということで一旦購入は保留としました。

先のブログの通りにやってみて、ダメなら考えようという方針に変更しました。

やることを平たく申しますと「コンデンサがへたっているので、取り替えろ」ということですね。

用意するもの

・ハンダ

・ハンダごて

・ハンダ吸い取り

この辺は既にあるものを利用します。

・コンデンサ

先人のブログによりますと「2200uF 16V」のもの、ということです。

秋葉原に行き、とりあえず秋月に行きましたが該当するものがありませんでした。

そこでマルツへ。

ありました。

これですね。

https://www.marutsu.co.jp/pc/i/66142/

214円、お安い。

念のため2個購入。

作業

まずはガワを開けます。

ム・・これか。

この白い部分は接着剤なのかな・・液漏れしているのかな・・よくわからない。

さて、先人のブログ(頼りきり)によると、これを交換すれば良いらしい。

まずはこれを外さなければならない。

引っ張ったら外れた。いいのかこれで・・?

コンデンサの足が残ってしまっているので、ハンダを溶かして除去しました。

さて、新しいコンデンサを取り付けて、(写真では浮いていますがちゃんと奥まで差し込みます)

ハンダ付けします。

余分な足を切って、完了です。

さて、電源を入れてみますか・・

どきどき・・

よしきた!

いや〜安く済みましたね。

自分で直すと達成感もありますし、また愛着が湧きますね。

先人に再度敬礼して、終わりたいと思います。🙋‍♂️

後日

いや〜うまくいったなあ、などと思いながら音楽を聴いていましたところ、数日後あることに気づきました。

なんか音が良くなってない?

以前と比べて、音がくっきり、パツンとしている気がするのです。

気のせいかもしれません。

もはや以前の音と比べることはできないので何とも言えませんが・・

いや、前はもっとスカスカした音だったはず・・

今回の修理(改造)は音質への影響があるという認識は全くなかったので、ちょっと驚きました。

調べてみますと、コンデンサの交換で音が変わることは常識のようですね。

なるほど・・

オーディオ沼というものは、こうしてハマっていくのかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。