【Jazzエンディング】Ron Cater - My Funny Valentine

何となくYoutubeでRon Carterのライブをみていましたところ、曲のエンディングが格好いいなあと思いましたので共有させていただきます。


<Live At Sweet Basil 1990>

  • Ron Carter - Bass
  • Art Farmer - Trumpet
  • Cedar Walton - Piano
  • Billy Higgins - Drum

豪華なメンバーですね。


後テーマが終わった後、エンディングとしてRon Carterがベースソロと言いますか、オスティナートを弾くのですが、これ使えるんじゃないの?と。

これの9:15くらいからです。

こんな感じの事をやっていると思います。

Cm一発ですね。

ピアノでやってもいいですよね。右手でコード弾いてもいいでしょうね。

フレーズに音を重ねて厚くしたり・・

これをモチーフとして色々発展できますね。

イントロでやってもよさそうです。

こういうシンプルなフレーズってなかなか思いつかないんですよね。

ブルージーでもあるし、モーダルな感じもしますね。


・・ちょっと話がそれますが、ビリー・ヒギンズがめちゃくちゃいいですね。

余計なことをせず、しかし展開のメリハリなど要所を抑えるというか。

名人芸だなぁ・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。