【Jazzイントロ、エンディング】Keith Jarrett - Bye Bye Blackbird

キース・ジャレットはジャズというよりは、なんかフォーキーな感じがしますね。

Bye Bye Blackbirdのこういう解釈での演奏は素晴らしいと思います。

しみじみするんですよね。

音がスカスカで滅茶苦茶格好いいですね。

イントロ

コードネームは想定で付けました。たぶんこんな感じなのかなと。

ずっとCがベースにある感じです。

こんなに歌うラインを弾かなくても(弾けないし・・)コードなぞってちょっと右手でフレーズするだけでもいい感じです。

エンディング

キースジャレット終わり(と私が勝手に呼んでいる)です。

こんな感じだと思うのですが。

どうですか。

このしみじみ感。

キースはこの曲を沢山演奏していますが、どれもこんな雰囲気で終わりますね。

終わる前に、逆順をいつまでやってんの!っていうくらいやるんですが、それがまたいいんですよね。


キース、久しぶりに聴いたけどやっぱりいいなあと思いました。

余計なものがない。すごくあっさりしてて。

ご飯、味噌汁、お新香、以上!って感じですね。

そのほかいるの?って感じ。

これで十分。

もてなしの心、ですよ(急に美味しんぼを思い出した)

丿貫先生とキースに敬礼。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。