【Jazzエンディング】Ahmad Jamal - Cheek To Cheek

逆順で回した後、どうやって終わろうか、となる時があります。ていうかその瞬間、いつもなります。

半音で降りていくパターンか、カウントベイシーのリックか・・

いつも代わり映えしないなあと思うのです。

こういうのはどうでしょうか。シンプルで真似やすいです。

一旦トニックで終わった後、ドミナントセブンスを弾いて少しもったいぶるだけですね。

こういうのは、なよっと弾くとダメですね。自信マンマンでガツンと弾かないと。

簡単ですが、こういうネタははいくらあっても困りませんから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。